本文へスキップ

大海原と風薫る豊かな自然に恵まれ 文化に彩られた ふれあいの街

TEL. 0470-64-1111

〒298-0004 千葉県いすみ市大原8742-1

いすみ鉄道SERVICE&PRODUCTS

ゆるやかなの流れに身を投じ、四季折々の園・山旅

ーカル鉄道 いすみ鉄道について

いすみ鉄道は、国鉄特定地方交通線だった木原線を引き継いだ鉄道路線で、沿線自治体などが出資する第三セクターの鉄道です。
 第三セクター移行後もご多聞に漏れず経営は厳しく、その打開策のひとつとして、平成19年12月社長公募が行われました。その公募で吉田平氏が社長に就任しました。
しかし、吉田氏が千葉県知事選出馬のため辞任したため、平成21年5月に社長を再公募。平成21年6月に鳥塚亮氏が社長に就任しました。運転士養成プラン、旧国鉄形車両「キハ28・キハ52」の導入、レストラン列車の運行などの斬新なアイデアで全国区の知名度を誇るローカル線に育てましたが、平成30年の任期満了を以て退任しました。

 平成30年7月に公募を行い、11月7日に公募3代目として古竹孝一氏が新社長に就任しました。
古竹社長は、香川県出身で、1971年生れの47歳。千葉県にある日本大学理工学部交通学科、同大学院を卒業。学生時代を千葉県で過ごしたという縁の持ち主。
25歳で家業の日新タクシー株式会社に入社し、32歳で代表取締役に就任。タクシー会社経営のかたわら保険代理店、特殊車両販売会社、イベント会社などと業容を拡大。
社長選考では、地元高松の琴平電鉄でのイベント企画が評価され、応募者40人の中から選ばれました。

 古竹社長は、就任早々から事業の見直しを行うと共に、沿線地域の様々な活動や事業との連携を模索すべく積極的な交流を図っています。また全国的に支援者の輪を広げるべく新たに支店長制度を立ち上げました。
いすみ鉄道データ
 ●設立 昭和62年7月7日  
 ●社長 古竹 孝一
 ●路線 26.8km(上総中野〜大原)
 ●市内の駅 NIGO上総中川、国吉、新田野、上総東、西大原、大原
 ●所有車両 いすみ300(2両)、いすみ350(2両)、キハ20(1両)、キハ28(1両)、キハ52(1両)
 ●電話 0470-82-2161(代表)


すみ鉄道の魅力

鉄道には「撮り鉄(とりてつ)」や「乗り鉄(のりてつ)」など、多くの鉄道ファンが存在しており、この房総を横断する形で走っている「いすみ鉄道」や「小湊鉄道」にも多くの鉄道ファンが訪れています。またいすみ鉄道の沿線では、カメラを片手に鉄道と里山の風景を撮っているというような光景は、今では日常茶飯事となっています。

元々は地元市民の生活の足として活躍してきたいすみ鉄道は、今大きな変化の波に乗り、「観光鉄道」としての要素も兼ね備え、日々このいすみ市や大多喜町を走り続けています。  都市部での鉄道は、人や物をいかにして早く、安全に目的地へと到達させるかという面で、効率化、高速化が図られてきました。しかしながら、このいすみ鉄道にはそのような要素は見当たりません。スピードも並行して走る道路の自動車よりも遅い速度で、ダイヤも1時間に1本程度であり、のどかな風景に溶け込むかのようにのんびりと里山を走っています。では何故こんなにも人から愛されるのでしょうか?

実はのんびりと走ることにいすみ鉄道の魅力があるのではないかと思います。のんびりと走ることにより、このいすみの四季折々の風景やそこに暮らす人々の生活が垣間見えます。この鉄道は「急かし鉄道」ではなく、「癒し鉄道」なのです。 時間に追われて疲れた人々に対して、非日常的な時間の流れを与え、風景との相乗効果により非常に高い「リラクゼーション効果」を与えてくれます。よって多くの人は沿線ののどかな景観とのコラボレーションに酔いしれ、この鉄道を愛するのではないでしょうか。


すみ鉄道 市内の駅の紹介
いすみ鉄道の上り列車の終点で、JR外房線の接続駅になります。駅構内にはいすみ鉄道グッズや地元のお土産が売っている売店があります。
<駅情報>  ●タクシー:有 ●トイレ:有 ●駐車場:有
       ●レンタサイクル:有(いすみ市観光センター)


時間が止まったかのようなのどかな駅です。田園風景に線路が溶け込んでいく風景は、乗客の期待を煽ります。
<駅情報>●タクシー:無  ●トイレ:無  ●駐車場:無


昭和の風情たっぷりの駅舎。夏場は風が抜けて心地よい駅でもあります。周辺には源氏ぼたるの里などがあります。
<駅情報>●タクシー:無  ●トイレ:有  ●駐車場:無


直線で続く線路と田園風景が美しい駅です。春先は沿線の桜並木と菜の花の抜群の色彩が相まって、撮り鉄のシャッタースポットでもあります。
<駅情報>●タクシー:無  ●トイレ:無  ●駐車場:無


前身の旧国鉄木原線開業時に作られた歴史ある駅で、そこかしこにその面影を残しています。近くには、関東三十六不動霊場35番札所の夷隅不動尊(宝勝院)、出雲大社上総教会、万木城址公園などの神社仏閣や史跡があります。
<駅情報>●タクシー:有  ●トイレ:有  ●駐車場:有
     ●レンタサイクル:有(いすみ鉄道応援団)


この駅も昭和の風情が残る静かな駅です。この駅周辺の沿線は菜の花スポットであり、春先には多くの鉄道ファンが訪れます。国吉駅〜中川駅区間の里山と田園風景を楽しんで下さい。
<駅情報>●タクシー:無 ●トイレ:無 ●駐車場:無



より大きな地図で いすみ市内「いすみ鉄道 駅」 を表示
 いすみ鉄道株式会社
●所在地 千葉県大多喜町大多喜264
●電話 0470-82-2161(代表)
●アクセス [車]
圏央道市原鶴舞IC〜国道297号線を通って、約15分
[電車]
JR外房線 大原駅よりいすみ鉄道大多喜駅 下車
 ●公式HP http://www.isumirail.co.jp/
 ●社員ブログ

バナースペース



いすみ市観光センター

〒298-0004
千葉県いすみ市大原8742-1

TEL  0470-64-1111
FAX  0470-64-1001
メール info@isumi-kankou.com
営業 火〜日 8:30〜16:30
月曜定休
※月曜日が祝祭日の場合は翌日の火曜日が休館

いすみ市観光協会

〒298-8501
千葉県いすみ市大原7400-1

TEL 0470-62-1243
営業 月〜金 8:30〜17:15
   土日祝祭日は休み