本文へスキップ

大海原と風薫る豊かな自然に恵まれ 文化に彩られた ふれあいの街

TEL. 0470-64-1111

〒298-0004 千葉県いすみ市大原8742-1

東頭山 行元寺(ぎょうがんじ)SERVICE&PRODUCTS

東に来たらを彫るなと言わしめた初代波の伊八の欄間彫刻

の伊八とは

初代「波の伊八」こと、武志伊八郎信由(たけしいはちろうのぶよし)は1752年(宝暦2年)に、現在の鴨川市打墨で生まれました。 子どもの頃から手先が器用であったようで、彫刻師である嶋村貞亮に弟子入りをし、腕を磨き、安房・上総をはじめ、江戸や相模など、南関東を中心に50点余りの彫刻を残しています。 伊八は若いころから才能を発揮し、次第にその腕を買われ、数多くの仕事をこなしていきますが、別名「波の伊八」と呼ばれるように、大小に関わらず多くの波を彫っています。 彼の彫る彫刻は、立体感や奥行きがあり非常に優れていますが、特に波は躍動感に満ちています。

の伊八 代表作

東頭山 行元寺 旧書院欄間彫刻
明王山 飯縄寺 本堂欄間彫刻
硯山 長福寺 欄間中央彫刻

の伊八が与えたインパクト


この下の2枚の写真をご覧ください。左は波の伊八の代表作「波に宝珠」、右はかの有名な葛飾北斎の代表作「神奈川沖浪裏」の写真です。伊八の彫刻が、葛飾北斎にインスピレーションを与えたことは一目瞭然だとわかりますよね。これは「覗(のぞき)画法」という手法を用いて作られており、この手法は西洋に伝わり、ゴッホ、セザンヌ、ピカソなどの作品にも大きな影響を与えました。このことからも、波の伊八は天才的なアーティストであり、彼は近代の美術にまで影響を及ぼすような画期的な技術を考案したのです。


行元寺 波の伊八欄間彫刻 波に宝珠(左)と葛飾北斎 神奈川沖浪裏(右)

八のインスピレーションの源

伊八は、毎日この房総の勇壮な海をのんびりと眺め、作品へのインスピレーションを湧かせていったと言われています。普通に丘から正面に海を見ただけでは、伊八のあの立体的かつ豪快な横波は表現できなかったでしょう。あの横波をイメージで来たのは、下の写真のようなアングルで海を眺めていたのでしょう。この場所は、現在の太東海水浴場で、普段は穏やかですが、ひとたびうねりが入れば、大自然の大いなる力を感じる事が出来る、パワフルな波が海岸に打ち寄せます。あなたも伊八になった気分で、この外房の横波をのんびりと眺めてみてはいかがでしょうか。






より大きな地図で 波のベストビュースポット を表示
●波の伊八ベストビュースポットのご紹介
このポイントには、散策道を使っていく事が出来ます。 先ずは太東海水浴場に車を止めて、徒歩10分程度でこの景色を眺めることができます。 九十九里浜の付け根にあるここいすみ市の太東海岸では、天気がよければ、銚子まで続く湾曲した海岸線や四季折々の風景、外房の力強い横波をみることが出来ます。
●所在地  千葉県いすみ市岬町中原116-2
●駐車場  無(漁港付近に空き地あり)
●見学の注意点  現在崖崩れの恐れがあるため封鎖中です


拝観目安時間(約30分〜60分)

のどかな里山の風情たっぷりの行元寺。このお寺は、嘉祥2年(849年)に慈覚大師によって草創されました。300余年この地にあって隆盛を極めていましたが、幾度となく戦禍に遭遇して、再興し、天正14年(1586年)6月に現在の場所に移築されました。 徳川四天皇の一人でもある本田氏の信仰を集め、徳川家の庇護のもと10万石の処遇を受け徳川氏と非常に結びつきの深いお寺でもありました。その証拠として、日光東照宮にも無いような大きさの「葵の御紋」の彫刻が残されています。



原 淳田 住職

849年に慈覚大師によって開山され、1586年に現在の地に移設された古い歴史があります。入母屋造り2層の山門があり、両脇に仁王像が安置されています。 本堂には、伊八58歳の時の作品「波に宝珠」があり、国内のみならず、海外からも多くの参拝客が訪れています。 その他にも、第二次世界大戦時の東京大空襲により、その作品が全て消失したと言われ、「幻の名工」と謳われた高松又八の豪華絢爛な彫刻がこの行元寺には遺されています。 その他にも、数々の素晴らしい芸術と匠の技が遺された寺です。皆さんもぜひこの行元寺に足を運んでいただき、日本が世界に誇る素晴らしい作品を見て下さい。


より大きな地図で 行元寺 を表示


 オススメ情報
 波の伊八関連ツアー
オススメ周遊プラン
 東頭山行元寺
●所在地 千葉県いすみ市荻原2136
●営業日 土・日・祝 個人・一般公開
平日    予約・団体等
10:00〜16:00
●電話 0470-86-3816 ※要事前問合せ
●料金 個人 500円
団体 300円
    (文化財修復基金として)
●駐車場 有(大型バスも可)
●作品等 波の伊八「波に宝珠」       高松又八 彫刻 龍、牡丹に錦鶏
●アクセス [車]
圏央道市原鶴舞IC〜国道297号線を通って、約30分
[電車]
JR外房線 大原駅〜いすみ鉄道 国吉駅 国吉駅から約5km(タクシー、レンタサイクル有)
徒歩(約60分)、自転車(約20分)
 公式HP www18.ocn.ne.jp/~gyoganji/
 市民ガイド NPO太東埼燈台クラブ

バナースペース



いすみ市観光センター

〒298-0004
千葉県いすみ市大原8742-1

TEL  0470-64-1111
FAX  0470-64-1001
メール info@isumi-kankou.com
営業 火〜日 9:00〜16:00(月曜定休)

いすみ市観光協会

〒298-8501
千葉県いすみ市大原7400-1

TEL 0470-62-1243
営業 月〜金 8:30〜17:15
   土日祝祭日は休み